( ̄〓 ̄)暇だこりゃ!


by ultimate-ago

鉄火場

鉄火場、かつてパチンコ屋のスロットコーナーがそう呼ばれた時期があった。

ペアシートなんて物は無かった。
絨毯敷きのホールなんて無かった。
板張りの床でワックスの匂いが漂っていた。
メダルを借りるのはサンドなんてものはなく、コーナーの端に一台ある機械までわざわざ借りに行かなくてはならなかった。
軍手をして打っているオヤジがいた。
リールを見て打つんじゃなく上を見て打っていた(昔のスロットは台の上にパトランプが付いておりフラグが成立するとランプがクルっと回ったのだ)
もっと初期の頃は椅子なんて物も備え付けられておらず、みんな立って打っていた。
打っている客も店員も、やたらとパンチパーマやらスキンヘッドの怖いオジ様が多かった。

女子供は皆無。ヤルかヤラれるか殺伐とした空気。
そんな鉄火場の空気が大好きだった。

当時、高校2年生だった私は好奇心でそのスロットコーナーに足を踏み入れてみた。
やり方も何もわからない。
誰かに聞こうにも聞く相手はドコを見渡してもパンチとスキンのオジ様だらけ。
適当にメダルを投入して打ってみた。
だがそのなんともいえない空気に押しつぶされそうになり、5分と持たずに逃げ出してしまったウブウブだったカワイイ当時のオイラ。


そんな空気もう味わう事できんのやろな~・・・
などと考えていたのだが!
あそこまで濃い空気じゃないものの近いものを味わうことできた。





スロットコーナーは2コースあり、片方は北斗の拳やら吉宗がありガキんちょやら女性で溢れかえっており、どこにでもある普通のスロットコーナー。
しかしもう片方のコースはというと、機種のラインナップ
ジャグラーV
ニューパルサーR
ビンゴ
打っている客はというと、若者は皆無。打っている客で最年少はどう見ても私だ。
推定平均年齢63歳。これも私が一人で頑張って平均年齢を下げているのであろう。
奇跡的にも軍手をして打っているオヤジも発見!!
残っていたのか!天然記念物モノめ。
どう見ても堅気の人には見えないお方も打っていらっしゃる。



香ばしいっ!



そんな中、ペチペチとジャグラーを打つオイラ。
みんなGOGOランプが光っただけで大騒ぎだ。
そんな中、私のジャグラーの楽しみ方は、いかにランプ点灯を隣人に気付かれないようにボーナスを揃えるか。点灯しても慌てず騒がず冷静に、チラ見するおっさんに勘付かれないようにクールに揃える。で、慌ててこっちを見る隣人の反応を見る。楽しい。

隣のおっさん&おばはんが何やらコソコソ話している。
どうやら出している私のことだ。
そのうち隣のおっさんが話しかけてきた。
「はさみ打ちしてると当りやすいんか?」
ジャグラーなんぞではさみ打って子役狙いしてる奴なんて自分以外にいなかった。
ビッグ中にリプレイ外ししているとまたもや話しかけられた。
「子役狙いか?おおっ!さすが出球多いな」
当然のことながらリプレイ外ししてる奴なんて自分一人。
その後も質問攻めにあったオイラ。

しばらく打っていると後ろから、
「おいっ!あとから来てワシの台でなに出しとんじゃいっ!」
(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?
私この台で朝一0回転からやってるんですが・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル
そ~っと振り向くと怖そうなおじ様が。。。隣のおっさんに話しかけてました。



あ~楽しかったヽ(´ー`)ノ
鉄火場の懐かしい空気を感じたよ。
[PR]
by ultimate-ago | 2004-11-24 07:26 | agoの日常