( ̄〓 ̄)暇だこりゃ!


by ultimate-ago

ゲーム音痴

先日紹介した「踊るおにぎり」やって思ったこと



やっぱり俺ってゲーム下手や(;つД`)







チビッコの頃からずーっと苦手だった。

音モノゲーム=有無を言わせず下手糞

アクションゲーム=スーパーマリオ(初代)が限界。ロックマンとか魔界村なんか無理!

シューティングゲーム=全て無理!玉が避けられん

格闘ゲーム=問答無用で弱い。一人のキャラを極めるでなく全てを満遍なくプレイするスタイルだったのでどれもこれもが中途半端にしか操れない

シュミレーションゲーム=存在自体が嫌い。その手のゲームはやった覚えが殆ど無い。半熟英雄もそのジャンルに入るならアレくらいかなー。でもクリアするまではやらず

スポーツゲーム=野球とプロレスモノくらいしかやってないが人と対戦するとほぼ負けてた

ロールプレイングゲーム=ドラクエとFFは結構やったけど同時期に始めているはずの兄弟やツレ連中に比べると明らかにクリアが遅い。しかもどう見ても効率が悪いやり方してた

カーレースゲーム=レースで1位になった覚えが殆ど無い!お気に入りの車見て(・∀・)ニヤニヤしてるだけで満足してた

パズルゲーム=やっぱり下手糞。連鎖とかそんなのを計算しながら出来ない

明らかに私はゲームをする人間じゃないです。
向いて無さ過ぎ。
やり込みが足らんと言われればそれまでだが、やり込もうって気にならんのだから無理。
自分がサクサク出来なくなってくるとイライラしてもうどうでもよくなってしまうのである。
この性格は大人になった今も変わってなかったようです(ノ´∀`*)



だ・が・し・か・し!


そんな私でも唯一そこそこ出来るジャンルがあった



サウンドノベルゲーム



サウンドノベルってのは小説みたいのを読んでいると選択肢が出てきてそれを選ぶだけでどんなにゲーム下手な奴でも何度かやれば誰にでもクリアできるっていう素晴らしいジャンルのゲームだ。
あんな風な「自分のペースでマッタリできる」ジャンルが好きなんですね。
私のように、点数や強さや速さを競うのをゲームに求めてない人って多いはず。
そんな人達のためにも、マッタリ遊べるジャンルってのをもっと開拓してほしいですね。


要するになんだ。アレだ。
実際ガキの頃のようにゲームに夢中になることも少なくなった。
この歳になってゲームが出来なくても会話に入れなかったりハミゴになることも無くなった。
でも、やっぱり下手な自分には腹が立つわけだ。
負けず嫌いと言うんだろうか?
う~ん、わけわからんorz

以上ゲーム音痴なagoの独り言でした。
[PR]
by ultimate-ago | 2005-02-19 02:25 | agoの日常