( ̄〓 ̄)暇だこりゃ!


by ultimate-ago

趣味

今日は何かと謎だらけの私の素性を少々晒してみようかと思う。

私の趣味はスポーツ観戦。
履歴書には、「読書」「映画鑑賞」に続いて書いてはならないの趣味の一つであるが、本当に好きなもんはしょうがない。
で、スポーツといっても幅広いが、どんなものでも大概バチщ(゚Д゚щ)カモォォォンです。
プロ野球、高校野球観ます。
サッカー、Jリーグは全く興味ないが、国際試合なら観ます。
ゴルフ、最近観られるようになった。
スキー競技観ます。
格闘技系ならなんでも観ます。

あ、ココ!

「格闘技」
今回私が書きたい事はコレ。
コレに関しては少々ばかりか、かなり五月蝿いです。
物心ついたときから金曜夜8時にはテレビに釘付けになっていた。
そう、ワールドプロレスリングだ。
古館伊知郎の名調子とともに繰り広げられる男同士の肉体のぶつかり合い。
スタン・ハンセン
アンドレ・ザ・ジャイアント
タイガーマスク
アブドーラ・ザ・ブッチャー
そして私のヒーロー、アントニオ猪木




誰が一番強いのか?



男の子なら誰もが一度は夢見るであろう「世界最強」という四文字
そして殆どの人間は己の限界に気付きその夢を叶えることなく諦めてしまう。
でも、その夢をいつまでも持ち続け決して諦めずに挑戦する者達がいる。

素敵じゃないですか!

幼少の頃よりプロレスによって培われた格闘魂は、やがてよりリアルな格闘技へと目が向けられるようになった。


最近の流行として総合格闘技というものがある。
日本ではPRIDEやK-1などが大晦日の紅白の裏番組に3本も総合格闘技の番組をぶつけてくるほどの大ブームだ。これは格闘技ファンとしては涙が出るほど嬉しいことではある。
誰が一番強いのか?
それが今正に現実の物として繰り広げられている。

だがしかし!
現在の空前の総合格闘技ブームに一言モノ申したい!

ほんの10年ほど昔は、ボクサーと空手家どっちが強い?相撲をレスリングは?ムエタイとカポエラは?などと、夢の対決をあ~でもない、こ~でもないと空想したり議論していたものだ。それを叶えてくれる手段は漫画であるとかゲームであった。その空想妄想バーチャルが実に楽しかった。
だが夢が夢じゃなくなってしまった。
全て現実の物として実現してしまっている。

これでいいのだろうか?

私が総合格闘技の存在意義に疑問を感じた事の発端は、相撲最強であったはずの曙が全くいいとこなしで惨敗したことである。
他にも相撲出身の選手は総合系でこれといった結果を出していない。
正直ショックだった。
寝たら終わりなのは予想し得た。でも瞬発力と一撃の破壊力に関しては相撲は強いと信じていただけに・・・。

柔道、空手、ボクシング、テコンドー、ムエタイ、レスリング・・・
どれも最高です。
そのジャンルのチャンピオン。それでいいじゃありませんか。
マイク・タイソンが何も出来ずに関節技で負けるとこなんか観たくないよ・・・。
貴乃花がハイキック一発で倒されるとこなんか観たくないよ・・・。

最強幻想というのは幻想のままがいいと思うのは私だけでしょうか?
せめて夢の連発だけは控えません?







とかなんとかダラダラ書きながらも、やっぱり総合格闘技は無くなってもらっちゃ(´・д・`) ヤダ。誰と誰がやる!と言えば当然興奮して盛り上がるし観戦もする。というのが本音だ。困った葛藤だこと・・・トホホ_| ̄|○

そんな私の趣味その1でした。
[PR]
by ultimate-ago | 2004-07-15 03:59 | agoの日常