( ̄〓 ̄)暇だこりゃ!


by ultimate-ago

じ・ジ・ぢ・ヂ・痔

本日の内容、グロが含まれますので食事中、又下ネタが苦手な方、妄想が上手すぎてソレが脳裏にこびり付いてしまう可能性のある方は、閲覧をご遠慮頂きますよう御願い申し上げます。

皆さんは持病ってのを患っていますか?

肩こり
腰痛
便秘 etc・・・


私の場合はです。


もうかれこれ10年来の付き合いになります。

あれは私が学校の寮に住んでいた時のこと。
いつものように厠へ行き用を足そうとしていた。
頑張った。
出ない。
更に頑張った。
痛い。
ウミガメの産卵の如く涙を流しながら出した。
産まれた。
頑張った俺。

俺に涙を流させた野郎の顔を拝んでやろうと便器を覗き込んだ(和式)















真っ赤!  Σ(゚д゚lll)ガーン











切れたようだ。
その時はさほど問題にしなかった。
別に初めての経験じゃなかったしね(〃▽〃)キャー♪

気になりだしたのは2週間程経った頃。
毎日真っ赤なんですよ!?
これはただ事ではないとやっと気付いたわけだが、その時の私はまだ痔だと認識してなかった。
ただ単に野郎が硬くて、おちょぼ口な出口がそいつに負けてるだけだと考えていた。


頑張れ俺のおちょぼ口!泣く前にお前が強くなればいいんだ!


そう2,3年言い聞かせた(長っ!


そんなある日、そいつの正体が痔だと判る日が来た。

夏の暑い日。トランクス一枚で部屋でくつろいでいた。
どうゆー成り行きでそうなったかは想像にお任せしますが、何気なく(  *  )に指を触れた瞬間、自分の指の感触を疑った。


なんか居る!


本来出っ張っているはずの無いところが出っ張っていた。
デカイっ!
丸いっ!
ブヨブヨしているっ!

そういえば最近(  *  )が痒かったな~・・・

その丸いブヨブヨした奴は日に日にデカくなり痒さを増していった。

ヤヴァイと思った私は薬局に薬を買いに行った。

痔=オッサンがなるもの=俺若い=恥しい

と考えていた私はオドオドしながら薬局のおばちゃんに
「あの~痔の薬なんですけど~・・・」
しかしおばちゃんアッサリと
「はい、痔ね。」「そんなことないよー。座り仕事の人とか学生さんに多いよ」とか言われた。
緊張して損した・・・

座薬型の薬だったのだが、どうやら私の痔とは相性が悪かったらしく全く効かない。
その後、軟膏タイプも試すが使用を止めるとすぐに再発。
どうやら薬如きで死に絶えるやわな痔ではないらしい。

諦めた。
こうなったら一生付き合ってやる!
お別れする時はお前が俺に飽きた時だ。


そんなこんなで私の痔様は、寄生先の本体が滅亡しても単体で生き残っていくんじゃないかと思われるほどの素晴らしい生命力で生き続けている。
乳離れ、親離れ、子離れは早い方がいいが、アナル離れも早い方がいいかと思うんですが・・・痔様(´・ω・`)ショボーン
[PR]
by ultimate-ago | 2004-07-22 00:53 | agoの日常