( ̄〓 ̄)暇だこりゃ!


by ultimate-ago

マッハ!!!!!!!!

以前ココで紹介した映画
マッハ!!!!!!!!
a0027793_11153193.jpg

もうどうにもこうにも疼く欲望を抑える事が出来ず観ちゃいました(*´∇`*)

感想はですね、一言




スゲーーーっ!!!!!!!!




ストーリーは昔のファミコンによくありそうなストーリー。
村から盗まれた大事なモンを取り返しに行くってやつです。
この単純なストーリーだからこそアクションが冴えるってもんです。

んで肝心のアクションシーン、簡単に説明するならジャッキー・チェンとブルース・リーとジェット・リー(私の中では今もリー・リンチェイだというのは譲れないところだが、わからない人のためにもここは敢えてジェット・リーで表記)のいいとこ取りって感じ。
更に詳しく説明するなら、主役のトニー・ジャー、ジャッキー・チェンとブルース・リーを尊敬して止まないそうなんですね。それで映画のシーンでも、「あれ?これジャッキーの映画で観たことあるような・・・」ってのが多発してます。最初の木に登って何やら奪い合うシーンは『ドラゴンロード』チック。街中を追っ手から逃げるシーンは『プロジェクトA』チック。他にもカーチェイスシーン、乱闘シーン等など非常にジャッキーチックな場面があちらこちらに。でも完全なパクリって感じじゃなく『マッハ!!!!!!!!』独自の調味料もふんだんに取り入れられており、いい出来具合。
次にブルース・リーっぽいというのは雰囲気。
とにかく主人公、ほとんど台詞が無い!
喋らない分、身体で表現する。とにかく「人間ってこんな動き可能なん?」の連続。トニー・ジャー本人もムエタイやテコンドーなどの格闘技を嗜んでいるらしく、それらを上手くミックスさせた独自の格闘術。その辺りの戦い方と、どこか影があるかのような雰囲気にブルース・リーのニオイを感じました。
最後、ジェット・リーっぽいってーのはー・・・顔ね。
男前です。

あとは全編通してとにかく、


肘、肘、肘、肘、肘


三沢さんのエルボーも真っ青な肘の連発です。
ローリングエルボーや助走付きなんてのもありました。
実践的にはリーチの長いパンチや蹴りのが有利なのでは!?との疑問を一切受け付けないかの如く肘です。兎に角「肘」です。




そりゃ最近の映画と見比べたらぱっと見、地味かもしれない。
でもよく見れ!
CG無し。
ワイヤー無し。
早回し無し。
オマケにスタントマン無しよ!?
生の人間の動きですよ!?
カーチェイスで主役自ら運転してアクションなんてありえんでしょ?
ニコラス刑事・・・もとい、ニコラス・ケイジの足に直接火を点火して撮影するなんてありえんでしょ?


この映画は観るべきです。
格闘技ファンを名乗るなら絶対!
最近のデジタル映画に飽き飽きしていた人も絶対!
正に素晴らしいB級映画といったところです。



あ、あと見終わった後には99.99%の確立で、肘で何かをブッ叩くorその素振りをします。
[PR]
by ultimate-ago | 2004-07-29 09:00 | agoの日常