人気ブログランキング |

( ̄〓 ̄)暇だこりゃ!


by ultimate-ago

金八愛

気になっていた先週の金八の続きです。猛烈に感動したんであらすじを備忘録代わりに書き込んでおく。(ってか毎週書くことになるかもw)


教室に戻ってきた金八の目に飛び込んできたのは、誰もいないもぬけの殻となった教室。
3Bの生徒達は例の荒川の土手に行儀良くこれでもかってくらい綺麗に3列に並んで座っていた。授業をボイコットして土手に来てしまったことに後悔する数名。「素直に担任に謝ろう」と教室に戻る3B勢とイマイチ納得いかないながらも一緒に戻る伸太郎。
だが教室に戻った頃には日も暮れており金八は居なかった。

尊敬する坂本竜馬の肖像画を見つめながら「今までと一緒じゃ駄目なんですよね」と自問自答する金八。その時流れていた「贈る言葉」の音楽が何ともいえないくらい切なかった。。。

翌朝、なにか吹っ切れたかのように「おはよう!おはよう!」と登校する3Bの生徒に挨拶する金八。そして、 
金八「キミ達どこへ行くんだ」 
生徒「・・・学校です」 
金八「そうか!私も一緒だ!」 m9(`・ω・´)
と言ってクラークの銅像のように学校を指差す金八。

教室。説教、というよりも今回は金八の作戦が始まった。
「(文化祭で)ソーラン節を踊るのか、何もしないと全校生徒の前で言い赤っ恥をかくのかどっちだ!?まぁキミ達にはどっちをやる根性なんてないでしょうがね」
「私はキミ達と真剣勝負がしたかった。しかしキミ達は勝負することもなく逃げた」
応援に来た3BのOB達もハッパを掛ける。
「お前ら、ココまで金八っつあんに言われて悔しくないのかよっ!」
百戦錬磨の金八っつあんの作戦にまんまと引っかかる3B勢。
「やってやるよっ!」
だがそれでも尚、伸太郎は息巻く。
「優勝したらどーすんだよっ!」
金八「できるわけ無いでしょうが。ソーラン節は誰か一人でも欠けたら駄目なんですよ。この3Bに出来るわけ無い。最下位に決まってる。優勝できたなら頭下げますよ、伸太郎さんにっ」

うまいっ!うま過ぎるぞ金八っつあん!

こうして3Bのクソガキ共は意地になってソーラン節の練習を始めたわけである。
グラウンドで、土手で、伸太郎の家の工場で、夜遅くまで。
それを陰で見守り、一言
「がんばれ」
と呟く金八。



うおぉぉぉぉぉぉっ!!


俺は今猛烈に感動しているっ!(つД`)



挑発に素直に乗ってしまったアフォなクソガキ共と、愛の鞭を打つ金八。
最高じゃねぇか、学園青春ドラマ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そして文化祭本番。
伸太郎の掛け声で演舞が始まる予定だったのだが緊張でビビってしまい声が出ない伸太郎。
いつになっても始まらない舞台にざわめき出す体育館。
黙って観ていた金八が通路に出る。

「勝負だっ!伸太郎!」

(〃▽〃)キャー♪カッチョええーーーーー!!

その金八の喝に我を取り戻した伸太郎。
演舞が始まるとありえないくらい盛り上がる観衆。まるでBIGアーティストのライブだ。

で、結果は校長の意向とやらで順位無しの敢闘賞。(わけわからん)

教室に戻り教壇に立つ金八。
「正直ここまでやるとは思わなかった。私の負けです。どうもすみませんでした」
と言って深々と頭を下げる金八。

(〃▽〃)キャー♪男らしいぜ!カッチョええぞーーーー!!

んでまぁ、その後は「勝ち負けなんでどーでもいい」とか言って、ここに来てようやく心通わすのである。うん、お決まりですけどね。当然この後も続くわけですから一件落着じゃないでしょうが。


兎にも角にも今日の金八っつあんには、






が溢れかえっていた!
今時こんなにわかり易くてクサくて為になるドラマ無いぞ。
あ~~、次週からも楽しみだぜぇぇぇぇぇぇぇ
by ultimate-ago | 2004-11-13 02:21 | 金八