人気ブログランキング |

( ̄〓 ̄)暇だこりゃ!


by ultimate-ago

G1決勝トーナメント

とうとう決まりました。G1の決勝トーナメント出場者。
毎日毎日公式HPでチェックしてたけど、いや~~やっぱおもろいわ。
ほんと、今日まで誰がトーナメント進出するか全然読めんかった。ここまでの大混戦はG1史上初やね。

まず最初の波乱が、大会2日目の佐々木vs高山戦。この試合のあと高山は倒れ、病院直行。診断結果は脳血栓。あのミスター長嶋が倒れたのと一緒の症状だった。処置が早かったこともあり命に別状はなかったが、あと何分か遅ければヤバかったらしい。当然、その後の試合は全て欠場となったわけだ。決勝トーナメント進出は固いと思われていた高山が戦線離脱とは誰が想像しただろうか。

次にAブロック飛ばしてBブロックから
6日目を終わった時点で無傷の全勝。最後は西村戦を残すのみ。
1敗で棚橋が続き、残りは金本と佐々木。
その後を佐々木と中西が1点差で追いかける。
残りカードから予想して、
1位 天山
2位 棚橋
3位 佐々木or中西
で固いと睨んでいたのだが・・・
クッ……ヤラ( ゚∀゚ )レタ!!!
最後の最後に天山は西村に敗れ、棚橋が2戦共に勝利。以下略。
で結局、
1位 棚橋
2位 天山
3位 佐々木
で決勝トーナメント進出が決まった。
何故順位が重要なのかというと、1位で通過すると優勝戦までに1日に2試合、2位3位だと3試合をこなさないといけないわけで、1位で通過する事が非常に有利になってくるのである。

次にAブロック
こっちはマジ大混戦。
でも、6日目の時点で2点差でトップを走っている永田が悠々1位通過だけは間違いないだろう。あとは誰が来るかわからんな。と睨んでいた・・・が!
リーグ戦終了時の各選手の得点表だけを書くと、
永田 8点
中邑 8点
蝶野 8点
柴田 8点
天龍 8点
鈴木 8点
吉江 2点
ウルフ 4点
なんじゃこりゃぁぁぁっ!!6人が8点で並んでるやんけぇ!
で、大会ルールとやらで、直接対決の結果で順位を決めるとやらで決まった順位がコレ
1位 柴田
2位 天龍
3位 中邑vs蝶野の勝者
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
柴田が1位ですか!!
これには長年プロレスファンをやってきた私も驚き桃の木山椒の木ですよ。
ほんとワカンネ。
そんでもって、3位決定戦を明日、決勝トーナメントの前にやるっていうんです。
無茶ですな。
トーナメント勝ち進んで決勝まで行ったら、1日に4試合やらなけりゃいけないんすよ!?
元祖夏男の蝶野も当の昔にピークは越えてて4試合も出来るわけが無い。
新闘魂三銃士と呼ばれ新日本プロレスの期待の星である中邑も、なんぼなんでも4試合は無茶であろう。でも今回の大会、そんな無茶苦茶な連戦で中邑が優勝するシナリオがあってもなんら不思議じゃない。むしろ、あるような気がしてきた。

明日は決勝。一つ優勝予想でもしとこうかな。
んん~~~~


5分経過・・・


わからん・・・


トーナメント表と睨めっこしながら10分経過・・・


こいつが優勝してもあとに続かんよなぁ~。でもブツブツブツブツ・・・


15分経過・・・


ヽ(`(`(`(`ヽ(`Д´)ノ ウワ・ウワ・ウワ・ウワ・ウワアァァァン!!
おもくそ適当に「柴田」優勝!!
間違えてもなんもしねぇぞー!

こんなにムズイG1初めてやわ。
これだけ楽しめてるだけでも今年のG1は大成功やね(1試合も動いてるとこ観てないけどw)
by ultimate-ago | 2004-08-15 06:18 | 格闘技